【FF11】ヴァナディ~ル旅日記
不死鳥サーバーで遊んでるたるたるの旅日記です。 3日坊主であきるかもしれないけど頑張ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青上げ(59-60)
海LSの活動も終わったと思ってPTを抜けて
アサルトシャウトするも、3人あつまらないの
であきらめて解散。

青の準備をしてソロムグでラプを狩りながら
希望をだしているとほかのメンバーは裏ザルカ
いってるじゃないですが、声がかからなかったのが
ちょっとさみしかったのとソロムグのラプトルは
「フロストブレス」をしないことが分かって
2度悲しい言う感じです。


いまから合流したいとか言おうかな?と思ったけど、
面倒だったので要塞に移動。
地下の奥にカエルいたよな・・・とか思って
いってみると、強いの方(とて)カエルでどうにもならん。
誰か1門通るひと30分に1グループくらいあるだろうと
たかをくくって待つ事30分。
やっと開いたのでそのままカエルの場所にいって戦闘開始。
スティンキングガスなかなか打ってくれなかったのですが、
3匹目で打ってくれて一発ラーニング。
そんな感じでまた昼間で眠ることにしました。




昼起きて、倉庫整理しながら希望をだしていると
誘ってもらえたのでレベル上げにいってきました。
構成は「忍ナシ青赤白」

アトルガンエリアは人いっぱいといことで
まずはテリガン(魚)です。

キャンプについてみると1PT先客がいたのですが、
奥でキャップをはって頑張ってみるも最高レベルの人が
60になると経験値的にすくなくなったので、
リーダーから移動しないか?という提案があって、
流砂洞で蜘蛛うまか、ウルガラン山脈でラプトルかという、
話になってリーダーは蜘蛛の網馬という言葉に負けたのか
流砂洞にいくことになりました。

しかし、流砂洞に向かうことになってチョコボにのって
狩場に向かうとなんか同じレベル帯の人が走ってるので
不安になっているとその不安が的中して、同じ狩場で
バッティングしてしましました。
それと、提案した人を問い詰めたくなるくらい、
蜘蛛の個体数はすくなく、とてもメインに狩るしろものじゃ
なかったです。(65キャップの頃この場所では蟻しか
狩った記憶がなかったしもっと早く気づくべきでした)
小部屋奥にいってもにた状況だったので蟻を含めて
狩りをはじめたのですが、後衛が妨害電波をくらうは、
サイレナできる人が一人だわで蟻と戦うには構成が
悪すぎる。

ということで、結局ウルガランにいって、ラプトルを
狩りました。ライバルもいないし、「フロストブレス」
を覚えたりでいい狩りとなりました。

そんな感じでレベルを1つ上げて60となりやっと
AF一式着れるようになりました。


スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 【FF11】ヴァナディ~ル旅日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。